〜SMAC激闘編〜

 メダン空港に降り立ちニアスに行く事を実感した。 飛行機から荷物が降ろされる。


 ボードも一緒に付いた!  ラッキー! 

 こんな当たり前の事でもインドネシアでは嬉しい!!

 と言うのも以前ロンボック島に行った時、ボードを積み込み忘れやがって、

 次ぎの飛行機が来るまで半日、空港で待たされたことがある。

 インドネシアでは日常茶飯事のことらしい。 


 SMAC(スマック)エアーのオフィスを探す。 空港を出て少しの所にあった。

 話しを聞いてみると、週に3便だった。 たまたま明日の朝のフライトで

 助かったがまたトラブル!



 偉い人が出てきて、「席は用意できるが板は積めない」と言うのだ!

 ざけんなよ!  またそんな事言ってお金とる気だろう!と思い交渉開始!



 SMACはそれ程高くなかったので、もう一枚チケット買うからそこに乗せろって

 言ってみた。 (カッコイー お金持ちー と自分で思った)

 だが答えは NO!!   

      な〜ぜ〜な〜ん〜だあ〜〜〜! (激怒!)


 マジで、半べそかきそうになるくらいつらかった。

 小さくとも航空会社のおエライさん、安全のためお金もらってもダメだって。


 ここまで来たのになんなんだよー!

 どうしていいか分からずとりあえず「大人一枚」買った。 

 絶対に行ってやる!!  一人アレコレ作戦を考えていた。


 タクシーに乗ってその日の宿探し、メダンの街は、この前の暴動でやられていた。

 道ばたにはライフルを持った自衛官が居る。 あちこちで焼けた店や車があった。

 えらい所に来ちまったなー! ビビッてちょっといいホテルに泊まった。
 

 







 いいホテルのフロント、一人旅なのでいい写真なくてゴメン!


 ホテルから一歩も出ずに翌朝を迎え、ボードを抱え空港に向かった。


 スマックエアーのカウンター、 なにくわぬ顔でチェックイン!

 ダマでボードを出してみた。



  あれっ!?

 余裕のOK!  ぜんぜんOK!  まったく何も言われずボードを運んで行く。


 ちょっと気が抜けた。

 昨日のケンカはなんだったの? 1時間近く戦ったのに、、、、、、、、










     まっ、いっか!



 いよいよニアス島に向かってフライトだー!    あららっ!?

 PULL-OUT