この日からMAXさんの家にお世話になった。

      ハンティントンビーチから車で5分程の所、日本の家から考えると、夢のような家だ!

      映画に出てくるような天井の高い広いリビング、ますますカッコイイ!と思った。

      俺もこんな家が建てたいと思う。 だれもが憧れるだろう。

       ハンティントンビーチ

      しかしアメリカで生活するなら、素でアメリカな人じゃなきゃダメだと感じる。

      うまく伝えられないが、素でアメリカ的でなくては、いろいろな事をガマンして

      生活しなくてはならなくなるだろう。

      さまざまな人種がアタリマエに生活している。 アタリマエのように馴染めなくては

      つらいだろう。 ここに暮らす日本人は深い人がたくさんいそうで興味津々になった。

       


      10/17  昨日遅かったので10:00頃起きた。

      いそいで用意してサーフィン! うれしい!! 

      車でいいポイントにつれていってくれた。 そこはハンティントンから車で南に

      1時間ちょっと行ったリーフのポイントで、結構有名だがここはポイント-T

      しておく。 やはり個人の判断で公表してしまってはMAXさんに迷惑のかかる

      可能性のあるので我慢してほしい。

       

       

      ポイントに着いたのは午後だったので風は入っていたが(サイドオフ)

      肩〜頭オーバーのきれいな波がブレイクしている。

      初めて来たときハイウェーから波は見えたがたどり着けなかったポイントだった。

      パーキングに車を止め20分程歩いてビーチに辿り着いた。

       

      この道をローカルは車にチャリンコやスケボーを積んで来てそれで行く。

      スケボーやローラーブレードetcなどローラー系のグッズがアメリカで

      開発されるのは、徒歩での移動距離が長いため必然だと感じた。

      この日は日曜日ということで、20〜30人のサーファーが入っていたが

      これでも少ない方らしい。  レベルは高い、約半数の人は日本だったら

      ライダークラスだろうなってくらいバシバシ技をかけて行く。

      リーフの為テイクオフポジションは限られていてそこに集中しているのだ。

      『大丈夫かな〜』かなり心配しながらゲットした。

      外国人というだけで(ここでは私が外国人なのだが)上手そうと思ってしまうのに

      本などで、かなりホットなローカルが多いので注意!などと脅されいたため

      前乗りなんかしたらアウトだ!と勝手にビビッてしまっていた。

      さすがに一番アウトでは待てなかったがMAXさんはそこに居た。

      わりと素直な波で解りやすく慣れてきたら波とれるようになって来た。

      と言っても2列目での話しだけど。 そんなにガツガツした人も居なくて

      いいかんじだった。それにしても外国人は話しが好きだな〜と思う。

      何人も話しかけてくれるのだが、簡単な英語しか解らないので会話にはならない。

      つらかった。 もっと俺という人間を解ってもらいたい&バカ話しをしたかった。

      レフト&ライトともあるがライトの方が長く乗れる。

      それほど掘れないがパワーあっていい波だ。

      ハービーフレッチャー(アストロデッキ社長、クリスチャン、ネーザンの父さん)

      が居た。 ロングボーダーでもう結構な年だが、さすがのウオーキングで

      目立っていた。  やっといい波に出会えてゴキゲンになった。 単純だな〜!

      この夜オレンジカウンティーの居酒屋でMAXさん夫妻と食事。

      いろいろアメリカのことなどを聞いて面白かった。

      その店はたくさんのL.A在住の日本人が飲みに来ていてアメリカを忘れてしまう

      くらいだった。 板前さんが今日波どうでした?なんて聞いてきて、いい感じ!

      みんなアメリカでたくましく生活していて自分を小さく感じた。

      もっとガンバらなきゃ!


       ←BACK / NEXT→