2006年 4月13日

デンパサール空港、ドメスティック入り口にてかっぱと待ち合わせ。

いよいよボートトリップにに向け出発だ。

かっぱには7年程前(前のサイト始まってすぐ)メールをもらってからの仲。

ちょこちょこ連絡はとりあってて、いつか一緒に旅行こうぜ!って言ってたんだけど、

考えてみると、千葉で3回バリで数回会ったって程度、波乗りは数年前に千葉の

ビーチブレイクで1回だけ一緒に入ったきりだったっけ。

なのになんか分かり合えてる。

リズムが近いってことなんだろうな。

そんな かっぱ との初めての旅が、あいつの船のプロモーションをかねてのご招待で

メンタワイのボートトリップになるなんて夢にも思っていなかった。

どんなセッションになるか、楽しみだ。


ジャカルタ乗換えでパダンへ。 今回で4回目のスマトラ入り。

慣れもあるが、インドネシア語バリバリの かっぱ が一緒なだけにかなりスムースイン。

かっぱも かれこれ15年、インドネシアの隠れポイント回ってる旅乗り人だから。


メダンに着くと、空港ですでにお迎えの車も待っていて驚かされた。

ゲストとしての感想や要望も聞きたいとのことなので、かっぱツアー体験してみよう。



車はそのままバタンアラウ(船波乗り野郎のアジト)へと運んでくれた。

噂には聞いていたが、そこにはぶっ飛ばされた。


古い銀行のビルだった建物を改装して、メンタワイボートサファリグループの

オフィス&BAR&ゲストハウスになっている。

その規模もでかく、かなりかっこいい。

世界のプロや、コアサーファーもやってくるこのアジトなのだが、

そこのペントハウス(屋根裏部屋?)

が、日本人のakiさんの部屋だってことにも驚かされた。

なぜ???

akiさんは、この会社の設立前から現社長のクリスと一緒にオンボロ漁船で

このエリアを旅してた人。   だんだんそれが仕事になったって感じらしい。

さらに やっぱここもアジアだし、ここを訪れるガイジン達には、

日本人のガイドということも新鮮で面白いんだろう。

もう10年になるここでの経験は確かなものだ。

この会社では、現在2艘の船が運航しており akiさんはサザンクロス号で、

我々はブディダハリ?(インドネシア語でエンジェル)号での出航となった。


ガイドはもう一人の日本人、ガイド暦4年になるYUだ。

これまた、ワールドワイドな旅乗り人で、いろんな人から名前聞いてたから

会いたかった男。     シンプルないい男だったよ。

それと船1年生の かっぱと インドネシアンクルーとの旅。


あ、忘れちゃいけないほんとのゲスト(UK+AUS)8名様。

オレがおまけみたいなもんね。


多いな〜。 ちょっと心配だな〜。

オレ波譲っちゃう人だから、人多いと自分の波乗りできないからさ。

まあいいや、楽しんでいこう!!

next / back