2001/04/25

            旅

        また長くなっちやった。  by Nori

-------------------------------------------------------------------------

 

「旅は好き?」  まずほとんどの人が好きだろうね。

 今までのサーフトリップの中で沢山の旅行者を見て来た。

 成田空港。  怪しげな奴からビジネスマン、ジジババの団体、etc、、、

 ツアーコンダクターが旗持って、「皆さんパスポートを出してくださ〜い」

 なんてやってるのを見て寒かった。  

 まさにパーフェクト!! 「これが日本人の海外旅行ってやつなのか〜」って。

   みんな観光地に買い物やアトラクションを楽しみに  ある意味お金を使いに

    行ってるんだから、大歓迎されるんだろうね。  (いいお客さんだよ。)

 そんな中で俺達はサーフボードを持って飛行機に乗る訳だ。

 にっぽんじん的な海外旅行とは違うんだ。

 誰だって始めてなら知らない事だらけなのはしょうがない。

 

 だがサーフボードを持って行く以上は、サーファーとして見られる訳だから、

 サーファーとして恥ずかしい旅だけはしてほしくない。

 波のいいビーチでは団体で行くだけで(場所によるけど)、商人からは金儲けの客、

     「トモダチ!トモダチ!」 アホか! 

 サーファーからは「ふざけんな!ジャパニーズ」 としかみられないだろう。 

  俺が海外に行き始めた頃、波デカくてビビっていた。

  ローカルがそのキラキラ光る波に向かってパドルしてる背中を見て

  「あれがサーファーなんだ!!」って思って恥ずかしくなったよ。

  美しかったね。  背中の筋肉が物語ってた。 

 

  「これが俺の生き方だ!」 ってくらいに。  しかも自然にね。

  「俺もああなりてえ〜!!」ってより「ああなるぞ!」って真剣に思ったよ。

    えらい昔、そんな頃、、、


 最近になって「やっと俺もサーファーになってきたな〜」と思えてきた。

 

 いろんな場所でいろんなリアルサーファーと遊んだり波乗りしたり

 マジで話したりした経験が良かったんだと思うんだ。


 サーフトリップは少人数で、しかも自分もマインドを持っていなければ

 まず本物のサーファーとは知り合えないだろう。

 「サーフボードを持った観光客」

 

 そんなカッコ悪い事はしないようにがんばってくれ。(でも無理して死ぬなよ!)

 そしていつの日かサーファー同士、本当に楽しいセッションをしたいね。

 波でも酒でもなんでもいい!  旅慣れた人間は面白いからな〜。

 『ALOHA! と MAHALO. の心』 それがサーファーのパスポート。

 そう信じて俺は行く!!



 ps、最後に付け加えておこう。  インドネシアにも俺達、日本人サーファー

 がメチャメチャにしてしまっている場所があることを。

 その場所は以前はオージーの間で密かにサーフされていた。

 その場所にローカルサーファーなんていない時代。

 村の人達とコミュニケーションして、家に泊めてもらったり、サーフを教えたり

 混雑なんてあるわけがない場所だった。

 その後だんだんそこはメジャーになってきて、今ではツアーも出ていて

 始めてインドネシアに来た人だって気軽に行ける。

 インドネシアの物価が分からない観光気分の日本人が行ってしまったら、、、

 ここ数年でその場所の物価は 始めて俺が行った時の約3倍になった。

 確実に日本人サーファーが物価を上げてしまったのだ。

 ブラジリアンの奴が言ってた。 「もうここには来れないよ」って。

 ま、ローカルサーファーが潤ってるんだから、俺は何も言えないけど、、、


 日本人にしてみれば、まだ安いと感じられるのかもしれないが、

 長期旅行者や外国人にとっての1日 1000円は痛い。

 現在その場所の海の中は日本人が90%、中には初心者まで。

 そんな事も知っていた方がいいと思う。

 もしそんな場所に行くんだったら、場所を荒さないという事は

 サーフィンのルールであり、「前乗りはダメ」より上のレベルなんだからさ。

 

 俺もこのサイトを始めて、最初の頃は先に書いた「いい旅をしてほしい!」

 の気持ちでレポートしてきたが、その「気持ち」より「情報のみ」を

 必要としている人間も読んでいる事に気付き、責任を感じている。

  『サーファーとしての旅。 旅から学ぶ事。』

 サーフィンの技術の問題じゃないんだ。

 日本人サーファーが世界で認められる、友達になれるように、、、