2000/02/20

      お国違えば、、、&?
              今回はショートコラム2本立てでございます。
                         by Nori


--------------------------------------------------------------------------

 どんより曇った午後。 ふっと思った事、書いてみよ〜。


 突然思い出した事。 その昔、レンボンガン島で出会ったオージーが持って来た、

 オーストラリアのサーフ雑誌と日本のサーフィンワールドを取り替えっこして

 読んだ事がある。 お互い写真だけ見てここは何処だ?なんて感じだったけど、、、


 そのオーストラリアの雑誌に 驚くべき事を発見 した。


 とてつもないデカ波の写真。   お馴染みのワイメアベイだ!

 ここで日本と違った事。 文は読めなかったけど、さし絵を見て驚いたのは、

 ワイメアでのゲットの仕方、注意点などが書いてあるようだった。


 マジで?! 一般に売られている雑誌にワイメアのつっこみ方なんて載せるか〜?

 驚いて、そのオージーに聞いてみた。 


 「お前ワイメアやりたい?」、彼、「YEAA〜S!」 そのYESも当たり前じゃん!

 くらいの勢いだった。   アホだ! こいつらアホなんだ!と思った。


 お国が違うとこんなに常識が違うんだなーと思わずにはいられないのであった。

 




  話し変わって。


 1月中にサーフトリップに行こうと思い、フィリピンについていろいろと

 調べていた。 今ではインターネットで世界がつながり、日本でも行った事の

 ある人のレポートやメールで、まだ見ぬフィリピンの事が分ってきた。


 へたすると、ツアーで1度行ったことある人より、俺の方が詳しいくらいに。

 しかし、この時期は風も悪く、目的地まで3日もかかるとの事。

 今回はあきらめて、他の場所に行く事にした。

 (いろいろ教えて頂いた皆様に、本当に感謝です!)


 またまたここで思った事。 インターネットや各種ガイドブックなどなかったら

 何も知らずフィリピンに向かって出発していたんだろうな〜!って事。


 たくさんの情報が手に入る今、ハズす確率は低くなっているのだが、

 その為に、より考えさせられるな〜と思った。


 何も分からない方が「行くぞー!」って気持ちだけで出発できて、「まぐれ当り」

 で人の少ない、いい波乗れたりなんかするのかも?って。


 これって日本でもある。 波情報に電話したら、「ヒザ〜コシ面悪くイマイチ」

 なんて聞いちゃうと、今日はやーめた!ってなっちゃうけど、

 午後、友達から電話が入り「良かったよー」なんて事ありません?


  確実に便利になっている現代、良くも悪くも難しいけど、

  少し寂しい気がするのは俺だけなのかなー?